【MIZO/MOG】スコップ+αなULギア

Gear

ハイキング中に気を付けるべきことのひとつ、排泄(特にう○ち)について。

トレイルにはトイレがないことがほとんどなので、自分で適切に処理する必要があります。

自分は一度、痛い目に合ってから、どう対処すべきか考えるようになりました。

また、ロングトレイル(みちのく潮風トレイル)を歩くにあたって、装備を考えた結果、スコップを導入してみることにしました。

スコップを使用して穴を掘り、そこに排泄をして埋める方法です。

そうすることで、少しでも自然に還りやすくしたり、動物やあとから歩くハイカーの迷惑にならないように配慮しようと考えています。

ということで、MIZO(ミゾー)のMOG(モグ)を購入したので、簡単なレビューです。

まずは重量から。

本体は実測値で約23g。

付属のケースもあり、そちらは約5g。

素材はチタンで、つくりはシンプルですし適度に厚みがあるので、強度は高そうです。

壊れる要素が見つからないので、長く使えるのではないかと思います。

柄の先に穴が空いているので、ガイラインを通すことができます。

ペグとしても使えるULギア。

サイズはペグと同じくらい。比較対象は、ミニグランドホグステイク。

大きくも小さくもなく、穴を掘るぶんには必要十分かと。

コンパクトなので、ペグと一緒にペグケースに入れても、収まりがいい。

トイレタリーセットとして別で持とうかとも考えましたが、ペグケースごとザックの外ポケットに収納しておけば、すぐに取り出せたり管理も楽そう。

10本のペグが一緒に入ってます

持ってみると、柄の部分のカーブが手に馴染んで非常に持ちやすい。

こうやって持ってみると、スコップというよりはスプーンを持っている感覚。

なんならスプーンとして使う人もいるとかいないとか。。

ちなみに、他の候補だったDACの「The Deuce of spades」も紹介しておきます。

こちらはアルミ製で、重量は17gとMOGよりも軽いです。

ですが、形状的に強度がどうなのかな?と思ったのと、サイズ感がMOGよりも大きかったので、購入しませんでした。

これからは、このMOGを登山やハイキングのう○こスコップとして持っていき、できるだけ自然、トレイルを汚さないよう、そして安心して歩けるのではないかと思います。

もちろん、どこで用を足すかも注意して。

サイズ感、持ちやすさ、雑に扱えそう、複数の役割(スコップ、ペグ、場ならしなど)があるというUL思考なギアということで、早速気に入りました。

COMMENT

プロフィール

gakuto

自然に身を置くのが好きです。
ULハイキングに出会ってから、『less is more』の精神で日々過ごしたり、ハイキングをメインとしてアウトドアを楽しんでいます。
海外のロングトレイルに行くのが目標。

Follow me!
タイトルとURLをコピーしました