【DIY】自作ウーピースリングと自分なりの使い方

Gear

自作ハンモックに続き、サスペンションも作ってしまおうということで、自作ウーピースリングにもチャレンジしてみました。

ということで、ウーピースリングの作り方と、どうやって使っているのかを紹介します。

ウーピースリングとは

ウーピースリングとは、支柱(木など)とハンモックを繋ぐロープのようなものです。

単体では使用できないので、支柱に巻きつけるウェビングベルトとセットで使います。

ウェビングベルト

この2つを合わせて、「ツリーストラップ」や「サスペンション」と呼ばれます。

ロープ同士の摩擦を利用して固定していて、モノによりますが、長さを50~180cmの間で無段階に調節できます。

そのため、ハンモックの張り具合を簡単に調節できて、微調整もできます。

また、軽くて高強度なのも特徴です。

用意するもの

今回用意したものはこちら。

  • AmSteel® 7/64″:25フィート(約762cm)
  • 針金(60cmくらいのものを半分に折って使用)
  • ハサミ or ナイフ
  • ペンなど印をつけるもの
  • ピンペグ

材料は、AmSteel® 7/64″のみです。

下記のサイトでは、25フィート単位で販売されていて、必要な2つ分を作るのにちょうどよい長さとなっています。

AmSteel®
Description AmSteel® is ultra-high strength cordage made out of Dyneema fiber. Size-for-size, it's as strong as steel, but so light that it floats.  * Note: Sol...

他の選択肢として、こちら。

7/64″ = 約2.7mmなので、直径は2.5mmか3mmでよさそうです。

この2つのロープはともに、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)で作られている、中空のロープです。

UHMWPEとは、軽くて伸縮性が低く、耐衝撃性・耐摩耗性に優れている素材です。この素材を用いた商品として、ダイニーマやスペクトラがあります。

この素材の束を8本や12本まとめて、中空(芯がない)のロープにしたものということです。

針金は必須です。100円ショップで調達しました。

サイズ

今回の材料と作り方で作ると、以下のスペックのものができあがります。

  • 全長:約176cm
  • 調節幅:約30~176cm
  • 重量:約18g

わずかな長さの違いは生じるかもしれませんが、おおよそこのようなスペックにできあがるかと思います。

作り方

まずは、25フィートのロープを半分にカットします。

ロープに対して、少し斜めに刃を入れるとカットしやすいです。

カットしてできたうちの1本(約12.5フィート)で、1つのウーピースリングができあがります。

両方の末端を1cmほど解いて、8本の束のうち4本をカットします。こうすることで、後々の作業がしやすくなります。

ここからは、3つの部分ごとに作り方を説明していきます。

エンドアイ

エンドアイは直径5cmになるように作っていきます。

① 片方の末端から、5cm(A)と15cm(B)のところに印をつける

Bを緩めての中心に針金を通す

③ 通した針金に、短い方のロープの端を挟めて、引っ張ってBから出す

Aの中心を緩めて針金を通し、長い方のロープの端を挟めて、引っ張ってAから出す

このとき、8の字になるように、ロープを通す向きに注意してください。

ABが交わるまでロープを引っ張って調整します。

⑤ 短い方の余った部分を中空の中に埋め込む

短い方の長さより2cmくらい先(C)から、針金を中空の中に通し、Aのすぐ手前(M)で外に出します。

通した針金に短い方の端を挟めて、Cに向かって引っ張ります。

そして、MからCに向かってロープをつまみながら引っ張り、たるみをなくすことで、余った部分は隠れます。

これで、エンドアイは完成です。

可動部

続いて、可動部を作ります。

① エンドアイの先端から、15cm(D)と25cm(E)のところに、印をつける

Dから針金を中空の中に通し、Eから出す

③ 長い方のロープを針金に挟む

Dに向かって針金を引っ張り、Dからロープを20cmほど出す

このとき、ロープがねじれないように気をつけます。

D – E間のたるみをなくしたら、可動部の完成です。

このD – E間のロープ同士の摩擦によって、可動部が固定される仕組みです。

こんなにシンプルなのに、体重を支えられるんだからすごい(語彙力)

末端の処理

最後に、Dから飛び出している末端を処理していきます。

① 端から5cmのところ(F)と12cmくらいのところ(G)に印をつける

Gの中心から針金を中空の中に通し、Fから出す

③ 針金にロープの端を挟んで、Gに向かって引っ張る

このとき、できた輪がなくならないように、ペグなどを輪に通しておくとよいです。

④ 輪がなくならないように気をつけながら、たるみをなくして、末端を隠す

これで、ウーピースリングの完成です!

使い方

完成したウーピースリングをどうやって使うのか、自分なりの使い方を紹介したいと思います。

何を使ってどう接続するかは、好みなど人によって違うと思いますので、一例として見てください。

自分の場合は、

  • エンドアイをウェビングストラップ(支柱側)と接続
  • 可動部をハンモック本体と接続

が現状の使い方です。

ウェビングストラップの端の輪と、エンドアイをガースヒッチで接続しています。

ここに関しては運用上、取り外すことはないので、この方法をとっています。

可動部とハンモックの接続については、可動部を完全に固定すると調節ができなくなってしまうので、調節ができるような方法をとっています。

今のところ選択肢は2つ。

1つ目が、ハンモックのエンドにコンティニュアスループとバックルつけて、そのバックルに可動部を接続する方法。

↓自作コンティニュアスループ

↓使っているバックル

1
The new Multi-Buckle provides excellent rubbing resistance for straps/cordage and it's corrosion prevention. Perfect for detachable/tri-glide hammock suspension...

2つ目が、ハンモックのエンドにソフトシャックルをつけて、そこに可動部を接続する方法。

この方法だと、使う道具が1つ(両方で2つ)減るので、シンプルではありますがちょっとやりにくい。

なので、今のところ1つ目の方法をとっています。

他にもカラビナやループエイリアンなどのバックルを使う方法もあるようです。

LoopAlien Ti RCA
Description The LoopAlien® is hardware for rapid cord attachment without knots. Rig up faster and avoid complicated, messy knots altogether.  Made out of grade ...

正解はないので、試行錯誤するもの面白いですね。

最後に

以上、ウーピースリングの作り方&使い方でした。

最初はウーピースリングとは?という状態からスタートしましたが、作ってみることで構造が理解できました。

材料はAmazonで手に入りますし、作り方もそこまで難しくないので、ぜひチャレンジしてみてください。

COMMENT

プロフィール

まっく

「Less is more.」という考え方に出会い、日常やアウトドア(登山・ハイキングなど)でシンプルに心地よく過ごすことを目指し、自分なりのベーシックを日々追求・実践しています。そんなコトを少しだけシェアするブログです。

Follow me!
タイトルとURLをコピーしました