AirPodsを2年使って感じたこと

LIFE

先日、AirPods Proに乗り換えました。

と言うのも2年愛用し続けた初代AirPodsからの乗り換えです。

初代から愛用している僕からすると、iPhoneを使っていてAirPodsを購入しようか迷っているなら、間違いなく買いです。

迷っていなくても買いです。

そこまでおすすめする理由を語らせてもらいます。

*あくまで一個人の意見なので参考程度にお願いします。

Apple AirPods with Charging Case
created by Rinker
スポンサーリンク

AirPodsを買った理由

AirPodsを購入する時は僕も迷いました。

イヤホンに2万近くお金をかけたことがなかったですし、

それで壊れたり無くしてしまったらどうしようという懸念がありました。

それでも以下の点から購入に踏み切りました。

完全ワイヤレスである

AirPodsを使う前は、iPhoneを購入した時についてくるEarPods(白い有線のイヤホン)をずっと使っていました。

つけ心地は悪くないし、iPhoneを購入したらついてくるということで自然な流れで使っていました。

その流れが変わったのが、iPhoneのイヤフォンジャックが廃止されてからです。

EarPodsを使っている身からすると使いにくいったらありゃしない。

まず、充電しながら使えない。これが本当に不便。

あとLightningへ変換するか、アダプターがLightningになってしょぼくなったEarPodsを使うしかなかった。

そこでコード付きのBluetoothイヤフォンを購入しました。

これもまた電源を入れる手間がめんどくさかったり、

iPhoneとの間のコードは無いにしても頭の後ろにコードがあるので、邪魔だしコードが当たる音が聞こえてしまいます

ということで、完全ワイヤレスが条件になりました。

安物買いの銭失いしたくなかった

Amazonで完全ワイヤレスのイヤフォンを探せばたくさん候補はでてきます。

でも結局使用感が悪かったり耐久性がなかったりしたら無駄金になってしまいます。

なので信頼感があるApple製品にすることに決めました。

2万円弱のお金を払う価値はあると思いますし、お金を出せるならもう迷う必要はありません。

Appleが好き

結局Appleが好きなんですよね。

好きになるにはそれなりの理由があるわけなので。

信頼感や製品同士の相性も間違いありません。

なのでイヤフォンに関しても、AirPodsが第一候補に上がってきました。

メリット

ここからは、実際に使ってみて感じたメリットデメリットを紹介します。

Apple AirPods with Charging Case
created by Rinker

完全ワイヤレスがノンストレス

完全ワイヤレス最高。

もう有線のイヤフォンに戻れる気がしません

コードが絡まらない

有線のイヤフォンを使う前に必ずやらなきゃいけないこと。

それはコードが絡んでいるのを解くやつ。

どんなに気をつけていてもだいたい絡まっていて、毎回イライラするんですよね。。。

あとコードがあると手や移動した時に物の端っこによく引っかかります。

最大の難所は電車に乗る時にカバンを前後ろ移動させる時。

高確率でカバンに引っかかるしいちいち気をつけなくてはいけません

それらのストレスから完全に解放されます。神。

ただ耳につけているだけですからね。

スマホの可動範囲は広がりますし、気にすることが本当に激減します。

コードが当たる音がしない

有線のやコード付きのBluetoothイヤフォンにありがちなのが、コードと体が擦れた音が聞こえてくるやつ。

動くたびにガサガサ聞こえてくるので、歩いている時はもちろん運動しているときなんかは使い物になりません。

これに関しても、コードがないことで全く起こりませんし、AirPodsから聞こえてくる音に集中することができます。

つけ心地が最高

これに関しては個人差があるかもしれませんが。

もし、EarPodsが自分に合わないからAirPodsも自分に合わないと思っている方がいたら、是非一度試着してみてください。

意外と装着感が違います。

EarPodsよりもしっかり耳にハマる感じがあって、安心感があります。

EarPodsだと運動すると取れがちですが、AirPodsを装着しながら運動して落ちたことはありません

ランニングはもちろんバドミントンといった激しい運動しても落ちる気配はありません。

ちなみにAirPodsは防水では無いので運動するときは汗に気をつけましょう。

あとは、装着感がいいのと軽いのでつけているのを忘れてしまうくらいです。本当に。

疲れたりしませんし、耳が痛くなることもありません。

もはや体と一体化している感覚です。

こればっかりは装着してみないとわかりませんので、ぜひ試着してみてください。

Apple製品との相性

さすがと言うべきか、新規登録から接続、機器の切り替えまでスムーズに行えます。

新規登録しようとフタを開ければ接続の案内が開始されるので、説明書の必要はありません。

あとはもう電源を入れたりAirPodsを操作する必要はなく、フタを開けて取り出して耳にはめれば接続されてすぐに音が流れてきます。

iPhoneで接続してしまえば、同じApple IDでログインしている機器にも接続されたことになるので、Bluetoothのところから簡単に切り替えができます。

例えばiPhoneに接続していてMacで使いたくなったとしたら、Macの方で2タップ・数秒で接続できてしまいます。

登録解除して使いたい機器でもう一度登録などといった手間が全くありません

iPhoneとMacやiPadというように複数のApple製品を持っていて購入するか迷っていたら、問答無用で購入するべきでしょう。

もう一つ、無くしてしまっても純正アプリの『探す』を使って見つけることができます。

これもApple製品だからこそですよね。

AirPodsは小さくて軽いので失くしててしまう確率が高いのですが、『探す』を使うことができるということで見つかる確率も高いです。

2万円近くするということで失くしたらどうしようと不安に思っている方や、物を失くすことが多い方には決め手になるでしょう。

充電は苦ではない

充電がめんどくさいのではと思っている方がいたら安心してください。

1回の充電で5時間、充電ケースを使用すれば24時間、15分の充電で3時間使用できるとのことなので、ほとんどの場面で問題ないはずです。

通学・通勤で使うにしても十分でしょうし、運動しながらでも余裕です。

充電ケースの充電はたまに忘れてしまいますが、気づいた時に充電するくらいの感覚でも充電切れで使えないといったことはありません。

いつも行っているバッテリー残量を確認する方法を紹介します。

iPhoneに近づけてフタを開けて、バッテリー残量を表示させる

ウィジェットにバッテリー項目を表示させて確認できるようにする

デメリット

ここまで散々いいところばかり書いてきましたが全て本音です。

デメリットを書こうと思ったのですが、本当に満足しかしていないので思いつきません。

快適で家でもつけちゃうくらいなので、耳が悪くなったらどうしようとか思っちゃうくらいですかね。

何か思いついたら書き足します。

まとめ

ついつい語りすぎちゃいました。

魅力が伝わっていたら嬉しいです。

間違いなく2万円近くのお金を出しても後悔しない買い物になるはずです。

もしまだ迷っている方がいたら、百聞は一見に如かず。

ぜひ店舗で試着してみてください!

もしくは周りで使っている人から何日か借りて体験してみるのもいいかもしれません。

Apple AirPods with Charging Case
created by Rinker

コメント

タイトルとURLをコピーしました