【ブログ】WordPressアドレスを変えてしまった時の対処法

BLOG

どうも、ガクヒトです!

WordPressに関する知識がないブログ初心者で、興味本位で設定を変えてしまってエラーになってしまったなんて経験がある方も多いと思います。

その一人である僕が今回やってしまった、ブログのWordPressアドレスを変えてしまい、 

  • サイトにアクセスすると、真っ白い画面が表示される
  • WordPressの管理画面で、500 Internet server エラー

といったエラーの対処法について、解決したやり方を紹介します。

スポンサーリンク

WordPressアドレスとは?

そもそもWordPressアドレスってなに?っていうところから説明します。           (ご存知の方はとばしても構いません)

「WordPress アドレス (URL)」設定は、WordPress のコアファイルを配置する場所のアドレスです。
「サイトアドレス (URL)」設定は、WordPress サイトに一般の人がアクセスするために使うアドレスです。
「WordPress アドレス (URL)」を間違えて変更しないようにしましょう。間違えて変更するとWordPressが表示されなくなります。また管理画面にも入れなくなりますのでお手上げ状態になります。

IT工房/https://itstudio.co/2015/09/09/4696/

つまり、住所(WordPressアドレス)を変更してしまうと、住民(WordPress)が住めなくなる(WordPressが表示されなくなる)ということですね。

*これと混同してしまうのがサイトアドレスですが、こちらは変更することはできます。

どんなエラーが出るのか

僕の場合は、

  • スタイル(CSS)が反映されない
  • サイトにアクセスすると、真っ白い画面が表示される。
  • WordPressの管理画面で、500 Internet server エラー

といったエラーが出てきて絶望しました。。

しかし、ちゃんとした手順で行えば解決することができるので、大丈夫です!

ポイント

ポイントとして、データベースのWordPressアドレスを元に戻すことを目的とします。

今回は「ロリポップ!」でのやり方となりますが、考え方としてはエックスサーバーでも同じです。

データベースって何だ?って方でも、僕も理解していなくても解決できたので、安心してください!

また、データベースを間違えて操作してしまうと、面倒くさいことになるので、バックアップを取っておいたほうがいいかもしれません。(ちなみに僕は取っていません笑)

解決方法

マイページにログイン

ロリポップ!』→ 『ユーザー専用ページ』にログインします。

データベースを開く

左側の項目の中から、『データベース』をクリックします。

このような↓画面が開いたら、右側の『操作する』というボタンをクリックします。

phpMyAdminを開く

『phpMyAdminを開く』をクリックすると、

別画面でログインページが開きます。

ログインページで、

  • ユーザー名
  • パスワード

を『データベース』の画面で確認して、コピペしてください。

  • サーバーの選択

も『データベース』の画面で『サーバー』の右側のものと同じものを選択してください。

こちらの情報は他人に漏れないようにしましょう。

入力が完了したら『実行』をクリックします。

WordPressアドレスをデータベース内で修正

データベースに入ることができたら、該当するデータベース名をクリックします。

*データベース名は、先ほどの『データベース』の画面で確認できます。

このような画面↓が出てくるので、『wp_options』をクリックします。

(ここではwp1_optionsとなっています。)

『option_name』が siteurl の部分の、『option_value』を見てみると、間違って変更してしまったアドレスになっていると思います。確認したら、『編集』をクリックします。

そして、変更してしまったアドレスが書いてあるのを → 変更する前の正しいアドレスに直して、『実行』をクリックします。

以上で解決です!元に戻っていることを確認してみてください。

まとめ

ブログを運営していると様々なエラーが出るかと思いますが、

今回の『WordPressのアドレス』を変えてしまったというように、原因が分かっている場合には、解決することが可能なこともあるので、諦めずに冷静に正しい対処をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました