MacにMAMPをインストールしてみた手順

HOME

Macで簡単にPHPの環境構築ができるMAMP。

xamppを入れたものの、Macと相性が悪いのか設定がうまくいかなかったためアンインストールし、MAMPを入れたのでその際の手順を残しておこうと思います。

特に難しくはなくスムーズに導入できたので、ぜひ参考にしてみてください!!!

バージョンは執筆時点のものになりますので、自身の環境に合わせていただけたらと思います。

MacにMAMPをインストールしていく

それでは一から進めていきましょう!

環境

今回は、

・macOS Catalina バージョン 10.15.6

・MAMP 5.7

以上の環境で行いました。

インストーラーをダウンロード

まずはMAMPのインストーラーをダウンロードするために、MAMPのサイトにアクセスします。

MAMP & MAMP PRO - your local web development solution for PHP and WordPress development
MAMP GmbH is the manufacturer of the award-winning MAMP software.

一番上の画面の真ん中の『Free Download』もしくは右上の『Downloads』ボタンをクリックします。

どちらにしても同じ画面に遷移するのでどちらでも大丈夫です。

ダウンロードページでリンゴマークの下にある『MAMP&MAMP PRO ○.○』をクリックします。

ダウンロードするディレクトリを選択して『保存

これで無事インストーラーをダウンロードできました

MAMPをインストール

ここからはついにMAMPをインストールしていきます!

先ほどダウンロードしたインストーラーをダブルクリックします。

するとインストーラーが起動します。

続ける』をクリック。

MAMPやMAMP PROフォルダーを移動したり、リネームしないでくださいとのことです。

続ける』をクリック。

使用許諾契約について書かれています。

確認したら『続ける』クリック。

インストールするには『同意する』をクリックします。

インストール』をクリックするとインストールが始まります!

スムーズに進んでいきます。。

あっさりとインストールが完了しました。

閉じる』をクリックします。

インストーラーはもう不要なので、ゴミ箱に入れました。

MAMPを起動してみる

以下の場所からMAMPを起動することができます。

FinderアプリケーションMAMP MAMP.app

Launchpad MAMP

どちらかからMAMPを開きます。

するとMAMPの起動画面と共に広告が出てくるので、左下のチェックボックスからチェックを外して、閉じます

これがMAMPの起動画面です。

右上のランプが点灯していない時は、サーバーは稼働していません

右端の『Start Server』をクリックすると、サーバーを稼働することができます

右端の『Stop Servers』ボタンをクリックすると、サーバーを停止することができます

右上のランプが緑になっているので、サーバーが正常に稼働しています

ポート設定

最後に『localhost』でアクセスできるように設定をします。

MAMPの起動画面を開き、

MAMP』→『Preference』をクリックします。

以下の画面が開くので、

Ports』→『Set Web & MySQL ports to 80 & 3306』→『OK』をクリックします。

これで準備は完了です!!!

サーバーが起動していることを確認して、MAMPの起動画面の『Open WebStart page』をクリックすると、、、

この画面が出たら成功です!!

アドレスバーを見るとlocalhostにアクセスできていることが確認できます。

お疲れ様でした。

まとめ

とりあえず簡単にMacでphpを動かしたい方にはぴったりのMAMPのインストール手順の紹介でした。

必要な設定が見つかり次第、残していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました