iPhone13 miniと同時に購入したアクセサリー

モノ

2年間使用したiPhone11からiPhone13miniに機種変更しました。となると必要になるのが、ケースとフィルムです。自分の中で定番といえるものはなかったので、色々と探し回ってみました。

最終的に購入したものが、エレコムの「極薄ソフトケース」とNIMASOの「アンチグレアガラスフィルム」です。ファーストインプレッション的なレビューもしていきます。

【エレコム】極薄ソフトケース

iPhone13 miniの強みといえば、軽量でコンパクトなこと。その強みを最大限に活かすには、ケースを付けずに全裸で使うのが一番です。しかし、全裸のまま落としたときに傷がつくのは避けたいところ。

そこで気になったのが、衝撃吸収は期待できないけど最低限、傷がつくのは防ぐことができるだろう「ほぼ裸」を謳うケースたち。

よく目にするところでいえば、CASEFINITEのフロストエアーとか、

コスパ良さそうなmemumiのケース

あとは、iPhone11で使っていたMYNUSのケース。

ただ、ケース自体の耐久性など含めて、どれくらい使い物になるかわかりません。とりあえず試してみるのに良さそうだと思って購入したのが、エレコムの「極薄ソフトケース」です。

概要

特徴は、フロストエアーの0.65mmより薄い約0.5mmで、「裸のような装着感」が売り文句。

重量もフロストエアーに迫る、約5g(実測値)。大体のケースは25g前後だと思うので、かなり軽い部類です。最初に持って感じたのは、「かるっ!」。

背面も側面も同じソフトな素材なので、握るとぐにゃります。

色はマットホワイト。ホワイトよりはクリアに近い感じで、わずかに透け感があります。

iPhoneに装着すると、りんごマークがうっすらと見えるのがお気に入り。本体の色がホワイト以外でも映えそう。

装着感

肝心の装着感について。

正直、つくりは甘いかなと感じました。どの辺がかというと、音量ボタンや上下の縁の部分が少しゆるくてフィットしていないです。これが初期不良なのかどうかはわかりません。

電源ボタン側。ケースのくぼみがボタンの出っ張りとわずかにずれていて、押し心地は少しかため。

音量ボタン側。こちらも電源ボタン側と同様にわずかなズレがあり、押し心地は少しかため。

スピーカーとコネクタ部分。スピーカー部分は覆わないように切り抜かれています。コネクタ部分は大きめに切り抜かれているので、大きめの端子でも大丈夫そう。

画面側は縁をわずかに回り込んでいるので、本体のカドは守られています。

飛び出ているカメラはというと、カメラの高さ分はケースにも高さがあるので、ギリギリですがカバーできています。

ここまではマイナスなイメージもありますが、持ち心地はよいです。素材はさらさらなので、TPUのように手にくっつく感じはなく、miniのコンパクトさを損なわない薄さと軽さは病みつき(?)になります。

【NIMASO】アンチグレア ガラスフィルム

続いては、画面を保護するためのフィルムです。フィルムについては、素材がガラスでできているガラスフィルムをいつもチョイスしています。その中でも、画面の反射を抑えくれて、指ざわりがさらさらしているアンチグレアのものを気に入って使っています。

その条件で探して、NIMASOの「アンチグレア ガラスフィルム」を購入しました。商品の質はもちろん、貼りやすさや価格が低めなこと、サポートがしっかりしているなど、評価が高かったのが決め手です。

扱いがデリケートなガラスフィルムだからか、しっかりとした梱包がされていました。

中身は、フィルム本体・取扱説明書・取り付けガイド用の枠・マイクロファイバークロス・ゴミ取りシール・ウェットシートです。

アンチグレアタイプだからなのか、フィルムの透け感はというとちょっとくすみがかかっています。フィルムを付けた際の画質にそこまでこだわりはないので、自分の場合は問題ありません。

フィルム単体の重量は、約8gでした。

貼り付けているときの様子はないのですが、貼り付け用のガイド枠のおけげもあり、一発できれいに貼り付けることができました。

画面全てを覆っているわけではなく、1~2mmほど画面の縁に余白があるので、ケースと干渉しないサイズ感になっています。

貼ってみた感想としては、

  • 価格、貼りやすさ、ケースと干渉しないサイズ感◎
  • アンチグレアは若干、画質が落ちるものの許容範囲
  • 指紋は付かないわけではないけど、そこまで目立たないし拭けば簡単に落ちる

トータル的には満足しているので、次も購入したいですし、人にもおすすめできる商品です。

最後に

iPhone13 mini用に購入したアクセサリー、エレコムの「極薄ソフトケース」とNIMASOの「アンチグレアガラスフィルム」の紹介でした。

「極薄ソフトケース」については、つくりが甘いのは少し気になりますが、裸のような装着感で13miniの特徴を損なうことがありません。持ち心地は気に入っているのでとりあえず使っていきます。CASEFINITEのフロストエアーを買おうか迷っているなら、このケースで試してみるのもありだと思いました。

「アンチグレアガラスフィルム」については、評判通りだったというか、価格の割に質が高くて納得しました。耐久性についてはこれからみていきます。

アンチグレアではないノーマルタイプですと、同じ値段で2枚入っているので、お得ですね。

COMMENT

プロフィール

まっく

森歩き、登山、ロングトレイル、自転車、テンカラ、雪板・・・
北海道の四季に合わせた手段でアウトドア中心の生活。
「足るを知る」「シンプル」をモットーに、自分らしいスタイルを追求する日々。

Follow me!